総合技術監理部門択一問題 正解を語る掲示板

総監択一科目の臨時掲示板です。
新規スレッド立ち上げはしないで、返信のみ投稿してください。
新規スレッドは随時削除します。
「答え合わせ」目的ではないので、選択肢番号だけではなく根拠とともに書き込んでいただけるとありがたいです。
[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[24] 17 Name:APEC Date:2017/07/15(土) 10:40 [ 返信 ]
I-1-17 平成28年版情報通信白書によれば、人工知能(Al)の研究は1950年代から続いているが、その過程ではブームと冬の時代が交互に訪れてきたとされ、現在は第三次人工知能ブームとして脚光を浴びている。これらのブームに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
@ 第一次ブームでは、コンピュータによる推論や探索が可能となり、特定の問題に対して解を提示できるようになった。当時の米国では自然言語処理による機械翻訳が特に注力された分野であった。
A 第一次プーム当時の人工知能では、様々な要因が絡み合っているような現実社会の問題を解くことはできないことが明らかになり、一転して冬の時代を迎えた。
B 第二次ブームでは、コンピュータに知識を与えることで人工知能が実用可能な水準に達し、多数の、エキスパートシステムが生み出された。
C 第二次ブーム当時は、コンピュータにとって必要となる情報を人がすべて記述して用意する必要があった。このため活用可能な知識量は特定の領域の情報などに限定する必要があり、こうした限界から再び冬の時代を迎えた。
D 第三次ブームでは、人工知能自身が知識を獲得する機械学習が実用化された。次いで、知識を定義する要素を自ら習得するディープラーニングが登場した。これらにより人工知能を文字どおり「人間のように考えるコンピュータ」として実現可能な時代を迎えた。

[94] RE:17 Name:総監2回目 Date:2017/07/16(日) 18:30
5にしました(人間のように考えるコンピュータは言い過ぎでは?)

[105] RE:17 Name:k Date:2017/07/16(日) 19:28
4にしました

[107] RE:17 Name:キャナル Date:2017/07/16(日) 20:00
4

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc142120.html

[151] RE:17 Name:k Date:2017/07/16(日) 21:23
5
実現可能な時代はまだ先

[240] RE:17 Name:ff Date:2017/07/17(月) 06:37
キャナルさんのリンクで判断できました。
4ではなく5のようですね。。

正解5でしょう。


[247] RE:17 Name:w Date:2017/07/17(月) 10:47
明らかに4
理解できるように書く必要があっただけ
情報そのものを人がすべて記述するわけじゃない

[253] RE:17 Name:情報屋 Date:2017/07/17(月) 17:29
5はコンピュータ将棋にも当たると思われるので4ですね。

[256] 5も根拠があります(出題ミスでは?) Name:AI Date:2017/07/17(月) 22:38
例えば、人工知能(AI)を「人間のように考えるコンピューター」と捉えるのであれば、そのような人工知能 (AI)は未だ実現していない。
平成28年版情報通信白書 234頁
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/pdf/n4200000.pdf

[追加]
選択肢4については、同白書235頁の「第二次人口知能ブーム」に下記のような記述があります。「最も不適切」なのは4か5か、24日まで待つ必要がありそうですね。

しかし、当時はコンピューターが必要な情報を自ら収集して蓄積することはできなかったため、必要となる全ての情報について、人がコンピューターにとって理解可能なように内容を記述する必要があっ た。(中略)こうした限界から、1995年頃から再び冬の時代を迎えた。

[269] RE:17 Name:情報屋 Date:2017/07/18(火) 00:12
白書は「実現していない」で問題は「実現可能な時代を迎えた」なので同義?
4は条件の説明不足なので出題ミス?

[277] RE:17 Name:a Date:2017/07/18(火) 00:46
情報を人がすべて記述と書いている4は明らかに違うから最も不適切という事で4にした。

ディープラーニングにより全脳アーキテクチャアプローチ等、
人間のように考える事が実現可能な時代を迎えたと考えられてはいるけど、
「人間のように」という明確な定義がないからこれもなんだかなぁという感じ

[278] RE:17 Name:ブライ Date:2017/07/18(火) 05:32
Cは文意のまま解釈すると、まず違うと思いました。
ファミコンカセットドラクエ4のAIですら、コンピュータにとって必要な情報は戦闘で学習してくれますよね。

>C 第二次ブーム当時は、コンピュータにとって必要となる情報を人がすべて記述して用意する必要があった。


[312] RE:17 Name:いさ Date:2017/07/19(水) 11:59
この問題は「情報通信白書」が元ネタですから、
日常語としての曖昧な「人工知能」という言葉の意味を問うているのではなく、
白書に書かれていること=答えです。

従って、正解=不適切なもの=5
これ以外は、有り得ません。

4.は、白書に
「必要となる全ての情報について、人がコンピューターにとって理解可能なように内容を記述する必要があった。」
と書いてありますから、表現の良し悪しは別にして、設問としては「適切」に該当と考えるしかありません。

ドラクエ4のAIという話は、人工知能の歴史全体で考えれば、
第一次ブームの「トイプロブレム」程度、「多少気の利いたゲームソフトの思考ルーチン」にすぎません。
第二次ブームでは、医療分野等のエキスパートシステム等を想定していますから、明らかに話が違うと言わざるを得ません。

5.は、白書に
「例えば、人工知能(AI)を「人間のように考えるコンピューター」と捉えるのであれば、そのような人工知能(AI)は未だ実現していない。」
とあり、機械学習やディープラーニングで「人間のように考えるコンピュータ」が実現可能とは露ほども書かれていないので、明らかに「不適切」に該当します。


[313] RE:17 Name:情報屋 Date:2017/07/19(水) 12:29
第三次ブームは現在進行形で現時点(平成29年7月16日)での解答ですから
平成28年版白書の「未だ実現していない」とは断定的な文言に出来なかったのでは?
これが平成28年の時点と謳っているのならそのままの文言としたのではないでしょうか。

[314] RE:17 Name:To Date:2017/07/19(水) 13:36
4.は、白書に
「必要となる全ての情報について、人がコンピューターにとって理解可能なように内容を記述する必要があった。」
と書いてあるとのことですが、
問題文には「コンピューターにとって理解可能なように」という極めて重要な部分が抜けているので、表現の違いレベルでなく内容が別物です

[317] RE:17 Name:いさ Date:2017/07/20(木) 08:41
>これが平成28年の時点と謳っているのならそのままの文言としたのではないでしょうか。

いやいや、5.の記述は、「不適切」として作ってあるんですから、
そのままの文言としたら「適切」になっちゃいますよね??
それじゃ正解が無い、おかしな設問になっちゃいますね???

>「コンピューターにとって理解可能なように」という極めて重要な部分が抜けているので、
 表現の違いレベルでなく内容が別物です

「コンピューターにとって理解可能なように」ってのは、いわゆる知識工学という分野ですが
その一文があろうとなかろうと、4.の記述が「適切」であることは疑いないです。
第二次ブームでは「知識が多いほど賢いよね?」ということなんですが
じゃあだれがその膨大な知識を教えるんだ、とか、維持にものすごい手間とコストがかかるとか
いった問題が顕在化したのは、間違いないです、

他にも、いわゆる「常識」まで教えないと判断できないとか、
間違った知識を教えてしまうととんでもない答えを出してしまうとか
学習機能もないし、間違った知識を選別する能力もない、
インターネット等も普及しておらずデータベース量も、HDD等データの保存領域も不足していた・・・
など、いろいろな問題がありましたが、
そのなかの1つの問題点として、4.の記述があったということですね。


[320] RE:17 Name:To Date:2017/07/20(木) 10:41
白書の内容は最もですが、確かにこの掲示板の議論を見てると
4が適切なら白書の表現で問題作成しておいた方が適切だし、5が不適切なら実現したとか何でもいいですが
もう少し明確な方が試験問題としては適切だと思いますね

[321] RE:17 Name:勉強不足 Date:2017/07/20(木) 13:38
表現が若干違うことをOKとすると不適切がない問題なんじゃないですかね。

[322] RE:17 Name:蟲 Date:2017/07/20(木) 14:36
論理的欠陥の大きなものは、4でしょう。

推測に必要な知識を人間が予め入力することを白書は書いている一方、問題本文は、コンピューターにとって必要とする情報をすべて入力するとなっており、意味不明(人工知能ではないことなのかも)。
5は、実現可能な時代と書いてるため、不適切とは言い切れない。「実用化のための地道な取組が盛んになるほど、人工知能(AI)が社会にもたらすインパクトも大きくなり、その潜在的な可能性と実現性の隔たりも解消されると考えられる」と同意ともとれる

[327] RE:17 Name:いさ Date:2017/07/20(木) 16:50
なるほど、「実現可能な時代を迎えた」って、
いつからいつまでを時代というんじゃい!!
・・・というクレームも言えないことも無いですね。

一般的に言えば、時代を迎えた、とはとても言えない状況ですが。
最も楽観的な予想で、「人間のように考えるコンピュータ」が実現可能なのは30年後だそうですよ。
第一次ブームが1960年代、第二次ブームが1980年代、第三次ブーム(現在)が2000年代…ということを考えると、とても現在と同じ時代に実現可能とは思えませんね。

正解は5.で覆らないとは思いますが
こういうツッコミを入れられてしまうこと自体が、設問自体イマイチということですね。


[328] RE:17 Name:かは Date:2017/07/20(木) 18:33
正解は4みたいですね。
すべて入力は無理です。

5の実現可能な時代というのは実現できうる
ということだから白書に合致しますね。

私は5にしましたが。


[329] RE:17 Name:31 Date:2017/07/20(木) 19:47
4と5でこんなに割れるなら、これは1とか2とか解答した人でもゴネたら問題が不適切だったという事で全員正解になるかもしれないな

[332] RE:17 Name:ごもんだね Date:2017/07/20(木) 21:34
これは誤問の可能性があるね。
4,5ともに正解みたい。
問題文も微妙な表現で、どこまで白書によると解釈するのか?も微妙!


[337] RE:17 Name:いさ Date:2017/07/20(木) 23:19
いやー、なんでこんなに4と5で割れるのかが理解できない。
話の筋で言ったら、どう考えても答えは5でしょう。

>すべて入力は無理です。
すべて入力は無理だから、限定的な領域にとどまり、冬の時代を迎えた
って書いてあるじゃないですか??

>5の実現可能な時代というのは実現できうる
>ということだから白書に合致しますね。
意味不明。なんでそういう解釈になるかな??
ディープラーニングが実用化できても、それだけで「人間のように考えるコンピュータ」が作れるわけじゃないのですよ。

>問題本文は、コンピューターにとって必要とする情報をすべて入力するとなっており、意味不明
コンピューターにとって必要とする情報をすべて入力する=「知識」(コンピューターが推論するために必要な様々な情報を、コンピューターが認識できる形で記述したもの)をすべて入力する
ってことでしょ?間違っていませんよね。

>「・・・潜在的な可能性と実現性の隔たりも解消されると考えられる」と同意
これも意味不明。なぜそうなる?
世間が求める人工知能の能力に達するように、地道な努力をしていかないと、またブームが終わってしまう、と警鐘を鳴らしているのです。
それは実用化のための技術開発であったり、社会環境の整備であったりするもので、決して「人間のように考えるコンピュータ」を指すものではないです。
白書にも「人間のように考えるコンピュータとは、それらの研究開発が達成された先にある、最終的な将来像のことだ」と書いてありますよね。


[344] RE:17 Name:31 Date:2017/07/21(金) 00:19
4は人が全て情報を記述しなくても、情報を集める方法についてプログラムすればコンピュータに自動で集めさせる事が出来るから、問題の文章と違うように思えるって事じゃない?

[346] RE:17 Name:蟲 MAIL Date:2017/07/21(金) 01:00
5は、×としても、

4について

人工知能には、「学習」と「推論」があります。学習機能も、当時、すべて記述して用意する必要があったのですか?

学習は、情報をインプット、推論は知識をインプットするものとして表現するのが、一般的。

初めに出てくる「情報」と次の「情報など」に論理的欠陥はないのですか?「など」って、入力シナイ何?

限定するのは、入力する情報量であって、活用可能な知識量を特定の領域の情報などに限定する必要はないのでは?量というより質なのでは?

量を問題にするのは、前時代的

[347] RE:17 Name:ad Date:2017/07/21(金) 02:13
5は適切ですね
5.は、白書に
「例えば、人工知能(AI)を「人間のように考えるコンピューター」と捉えるのであれば、そのような人工知能(AI)は未だ実現していない。」とあるとのことですが、
この文章の参考とされているのが人工知能研究で有名な松尾氏で、原典資料に戻れば松尾氏はディープラーニングの登場で状況は革命的に変わって「人間のように考えるコンピュータ」の実現に向けて劇的に進展したという考えなので。

4は他の方が指摘している理由で不適切です。

[348] RE:17 Name:差にブラウン Date:2017/07/21(金) 07:04
5に関して。結局、出題ミスか適切かどちらかと思います。

肢5:
>人工知能を文字どおり「人間のように考えるコンピュータ」として実現可能な時代を迎えた

白書:
>人工知能(AI)を「人間のように考えるコンピューター」と捉えるのであれば、そのような人工知能
(AI)は未だ実現していない

・肢の「人間のように考えるコンピューター」が主観的な表現がゆえ定義が曖昧であるため、それを実現できるか否かも見解不可能です。
現在、戦っている将棋ロボットだってドラクエ4のAIだって、見方によっては「人間のように考えるコンピューター」と言えますよね。
→ここからは出題自体が不適切と思います。

・仮に問題文の「平成28年版情報通信白書に」基づき、「人間のように考えるコンピューター」の定義が肢と白書で一致したとして。
白書の「未だ実現していない」については、実現可能だが実現していないとの解釈もできます。
日本人が100m10秒台を出すのは実現可能だが実現していませんよね。これと同じです。

→ここからは、肢5の「実現可能な時代を迎えた」が、白書と相違あるとは言えません。適切な記述と思います。


[351] RE:17 Name:5555 Date:2017/07/21(金) 08:32
Dは正しい表現ですよ。
今や人間以上に考えるコンピューターとして実現しています。
人間のように感情をもっていませんが。
考えるという点では、人間以上になっているのでは。


[357] RE:17 Name:情報屋 Date:2017/07/21(金) 10:02
この白書、主観が多く統計データ等で示されていないので適切か不適切か判断するのには無理がありますね。
第二次ブームの冬の時代も他の文献によればバブル崩壊も要因だとか。
つまりルール等の入力や管理のコストが膨大になり投資出来ない云々等による冬の時代。

[367] RE:17 Name:AI Date:2017/07/21(金) 19:40
A:コンピューターが必要な情報を自ら収集して蓄積することはできなかったため、必要となる全ての情報について、人がコンピューターにとって理解可能なように内容を記述する必要があった。
B:コンピュータにとって必要となる情報を人がすべて記述して用意する必要があった。

Aは情報通信白書、Bは選択肢4からの引用です。

C:例えば、人工知能(AI)を「人間のように考えるコンピューター」と捉えるのであれば、そのような人工知能(AI)は未だ実現していない。
D:これらにより人口知能を文字どおり「人間のように考えるコンピュータ」として実現可能な時代を迎えた。

Cは情報通信白書、Dは選択肢5からの引用です。

要はAB間の意味の隔たりの方がより大きいのか、CD間の意味の隔たりの方がより大きいのかです。私個人的には明快なのですが、主観的な議論に終始しても仕方ありません。24日の公式見解を待つしかないと思います。

[381] RE:17 Name:マイルス Date:2017/07/22(土) 10:55
正解は、CDの二つなので、誤問題として受験者全員に得点ということになりそうですね。

[389] RE:17 Name:いさ Date:2017/07/23(日) 09:03
No.367 AIさんのご説明、簡潔ですばらしい。

正解(最も不適切なもの)が5なのは明白で
ここまで議論を尽くして、まだ4が正解だとか、誤問だから全員得点だ、などと言っているようでは、合格は遠のくばかりでしょう。
論理的に物事を分析・判断する力をつけるべきです。

まあ、明日になればはっきりすることですが・・・


[391] RE:17 Name:エース Date:2017/07/23(日) 11:36
正解はCと思います。Dの記述は正しいと思います。
もしかしたら、Dは判定不能で結局全員正解かもしれませんね。


[392] RE:17 Name:4のロジック Date:2017/07/23(日) 18:46
これまでの主張を拝見していましたが、
4を正解とされる方のロジックがわかりません。
5を正解とされる方のロジックは理解できました。

主張が分かれた背景に、
・低級・高級言語の差を主張されたいのか、
・情報工学とそれ以外など、分野で主張が異なるのか、
・機械学習を扱われたことのある方とない方の差なのか、
などと想像しながら興味をもって拝見しています。

4を正解とされた方、もう少し簡潔なロジックと、できればご自身の背景を投稿していただけませんか?

[397] RE:17 Name:いさ Date:2017/07/26(水) 08:59
やっぱり正解(最も不適切なもの)は5.でしたが、なんとなくスッキリしない問題でしたね。

4.が正解(最も不適切)と主張された方の根拠は、問題文に
 『第二次ブーム当時は、コンピュータにとって必要となる情報を人がすべて記述して用意する必要があった。』
 という記載で、「すべて記述」というのが誤りではないかということで
 例えばドラクエのAIで、敵が苦手な魔法攻撃の種類などは、人が用意して記述しなくても、勝手にAIが学習して覚えてくれるではないか?
 チェスのAIでも、最も適切な駒の動かし方は、人が記述しなくても、AIが学習するのでは?
 という主張ですよね。

5.が不正解(適切)と主張される方の根拠は
 『「人間のように考えるコンピュータ」として実現可能な時代を迎えた。』
 という問題文が、部分的にはすでに実現している、または「時代」という表現があいまいなので迎えたと捉えることもできる
 という主張ですね。

この短い文章の部分部分で考えれば、そう言えなくもないです。
しかし、この設問は、全体的な人工知能の歴史の流れを理解しているか?を問うている問題なので
それを考慮すれば、
 ・第二次ブーム=エキスパートシステムの時代⇒知識ベースの構築に膨大な手間⇒限定的な利用にとどまる⇒ブーム終焉
 ・第三次ブーム=機械学習・ディープラーニングの時代⇒飛躍的に進歩⇒しかし人間のような知能を持ったAIはまだまだ先
であることは明らかで、
従って正答が5.であることは、火を見るより明らかでした。

試験問題なのですから、重箱をつつくより、
問題を作った人が想定している回答はどれなのか?を論理的に類推することが肝要です。



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace